*Y.Tの気ままなブログ*

Y.T(鍼灸師/トレーナー/アームレスラー/オタク)の気ままブログ

腰痛症について【症状】

前→腰痛症について【成因と病態生理】 - *Y.Tの気ままなブログ*

 

【症状】
原則的には下肢症状を伴わない腰部の疼痛ということになっている。
腰痛の発現によって急性、慢性、再発性に分類するのが治療上から便利である。

  1. 急性腰痛症
    疼痛は腰部に限らず、臀部、大腿後面や側面などにも出現することがあるが、原則として下肢神経症状は伴わない。腰痛は運動により増強され、安静により消失する。

    〈ぎっくり腰〉
    急性腰痛症のなかで、ちょっとした体動で急に発症し、場合によっては激痛のため脂汗が出て、歩けなくなるような発作性の腰痛症を俗に「ぎっくり腰」という。その真実の病態は不明であるが、多くの場合は腰椎における椎間関節内への滑膜の陥入であると考えられている。また、なかには椎間板ヘルニアの始まりのこともあれば、何らかの拍子に生じた筋肉、筋膜、靭帯の微小損傷のこともある。多くの場合、安静にしていれば2~3日で激しい痛みは消え去る

    安静や鎮痛薬の使用でも緩解しない腰痛、徐々に進行する腰痛、発熱を伴う腰痛などは内臓疾患、悪性腫瘍、感染症などを疑うべきである。

    ※いわゆる「ぎっくり腰」の成因は、しばしば腰椎における椎間関節内への滑膜の陥入である。したがって骨盤整体やマニピュレーションによって陥入が解除されることで劇的に治ることがある。しかし腰痛にはそれ以外にも多くの原因があるので、一事をもって万事に当てはまると思い込んではならない。

  2. 慢性腰痛症
    慢性に持続する腰痛があっても、はっきりした原因が判明しているものはこのカテゴリーには含まず、おのおのの疾患としてとらえるべきである。問題は原因がはっきりしない、6ヶ月以上続くような慢性腰痛症の場合であるが、多くのケースで複合的要因が関与していて単純ではない。

    繰り返される微小外傷、精神的ストレスなどが影響しているし、痛みからくる筋肉の緊張状態や、筋肉の長期疲労から阻血や拘縮を起こしていて、痛みの悪循環から脱しきれない状態となる。

    また肥満による腰への過重な負担背筋や腹筋の未発達状態不良姿勢などもしばしば関与している。さらに慢性的な疼痛は、いらいらや、抑うつ状態など、心理的要因まで加重され、器質的障害から想像される以上の痛みを訴えることもある。

次→腰痛症について【治療】



~参考~
奈良信雄(2004)『臨床医学各論第2版』医歯薬出版株式会社

Facebookこちら
Twitterこちら
Facebookページに「いいね!」を押したり、Twitterをフォローしていただけると嬉しいです!

腰痛症について【成因と病態生理】

腰痛症
運動時あるいは安静時に腰部に痛みを感じる疾患の総称。
原因としては腰椎、椎間板、椎間関節、靭帯、筋・筋膜の障害が想定されているが、正常な診断が可能なのは全腰痛患者の半数以下、報告者によってはせいぜい10%以下。
そのような場合にとりあえず“腰痛症”という病名を付ける。

 

【成因と病態生理】
腰痛と頸部痛とは人類が2本足で立位をとることに内在する宿命的疾患ともいわれる。腰痛については、原因として想定されるものは種々さまざまであるが、それをまとめると次のようになる。

  1. 退行変性(加齢とともに起こる変化)によるもの
    椎間板ヘルニア、変形性脊椎症、脊柱管狭窄症

  2. 代謝異常によるもの
    骨粗鬆症、骨軟化症

  3. 外傷によるもの
    →腰椎圧迫骨折、横突起骨折、打撲、脊椎分離・すべり症

  4. 炎症によるもの
    →筋炎、筋膜炎、化膿性脊椎炎、結核性脊椎炎、関節リウマチ

  5. 腫瘍によるもの
    →骨肉腫、軟部組織肉腫、血管腫

  6. 静力学的要因によるもの
    →姿勢不良、筋肉疲労

  7. 先天性の要因によるもの
    →仙椎の腰椎化、腰椎の仙椎化、奇形

 

次→腰痛症について【症状】 - *Y.Tの気ままなブログ*

 

~参考~
奈良信雄(2004)『臨床医学各論第2版』医歯薬出版株式会社

 

<あとがき>
復習&引用の為に書きました。そんな投稿は今後memoカテゴリーにてまとめます。

 

Facebookこちら
Twitterこちら
Facebookページに「いいね!」を押したり、Twitterをフォローしていただけると嬉しいです!

実験を始めました

f:id:tbarm:20170319211809j:plain

先日Twitterにて


こんな募集をかけました。(※上限3名。既に集まっております。)
理由はいろいろあるのですが、それはこの企画が無事に終わった後にでも…

まず最初に種目を覚えていただくため、DMやLINEを用いて動画を送っていただきチェックを行っております。

これが中々難しくて…

フォームが仕上がるまで動画を何度か撮影してもらわねばならないので、その段階で心が折れてしまうのではないかという心配だったり…その他諸々

直接行う指導との勝手の違いに早速戸惑っておりますが、同時にやりがいも感じております。

まずはフォームを身に着けていただくことが第一!

本件に応募してくださった皆様へ
お忙しいと思いますがご協力をよろしくお願い致します。

 

Facebookこちら
Twitterこちら
Facebookページに「いいね!」を押したり、Twitterをフォローしていただけると嬉しいです!

トレーニングの原理・原則

「ひたすら重いものを挙げれば良い」
そう思われがちなトレーニングですが、実はそんな単純なものではなく、「原理原則」というものがちゃんとあります。

簡単に説明すると…
 

f:id:tbarm:20170314155815j:image

トレーニングの原理
1.オーバーロード(過負荷)の原理
⇒日常的に受ける負荷よりも高い負荷を掛けないと体力は向上しない

2.特異性の原理
⇒トレーニングの効果は、トレーニングをした部位や動作に効果があらわれる

3.可逆性の原理
⇒トレーニングの効果は、止めてしまうと徐々に失われてしまうので継続させること

4.適時性の原理
⇒成長過程(発育、発達)に応じた刺激を与えよう
 
f:id:tbarm:20170314092554j:image

トレーニングの原則
1.全面性の原則
⇒全身をバランスよくトレーニングしましょう!ということ

2.意識性の原則
⇒そのトレーニングを行う目的を理解すること

3.漸進性の原則
⇒筋力や体力の向上に合わせて徐々に負荷を上げていくこと

4.個別性の原則
⇒自分に合ったトレーニングをしましょう!ということ

5.反復性の原則
⇒トレーニングの効果を得るには継続的に行うことが大事だということ
 

トレーニングプログラムを考える際に上記の原理原則を無視してしまうと、せっかく時間をかけて作成したプログラムなのに効率が悪いor進歩が無い、最悪の場合怪我をしてしまう恐れがあります。
 

加圧トレ、体幹トレ、バランストレなど...世の中にはトレーニングと名のつくものがいっぱい溢れておりますが、それらが目標達成の為に本当に有効な手段なのか? 
原理原則を今一度見直してみるとよいかもしれませんね。

 
「自分では判断できない...」という方はどうぞ私にご相談ください💪
 

Facebookこちら
Twitterこちら
Facebookページに「いいね!」を押したり、Twitterをフォローしていただけると嬉しいです!

Q&Aトレーニング1

当然ですが、お仕事上トレーニングに関する質問を受けることが多々あります。質問の内容は似たものが多いです。似たような質問に毎度丁寧に答えるより、「ブログを見てください( ・´ー・`)」と言えるようにしたいと思い始めたのがこの「Q&Aトレーニング」です。


f:id:tbarm:20170312140310j:plain
戸松遥さんの「Q&Aリサイタル」とは一切関係ありません

ではでは、Q&Aトレーニング
(行くよっ!)


Q.トレーニングって何をやればいいの?

A.目的次第です。
「ただ運動がしたい」という目的であれば、怪我をしなければ何をやっても良いと思います。

何らかの目的があってトレーニングをするならば、パーソナルトレーニング(個別指導)を受けてみるのがオススメです。どんなトレーナーが良いかは過去の指導歴などで判断されてみれば良いと思います。

僕は鍼灸接骨院という場所柄、傷害予防目的のトレーニング指導依頼がほとんどですが、ブライダルに向けての体型サポートや姿勢の改善なども担当したことがあります。はい、宣伝です(笑)


Facebookこちら
Twitterこちら
Facebookページに「いいね!」を押したり、Twitterをフォローしていただけると嬉しいです!

初めまして!

横浜市鍼灸接骨院で治療&トレーニングの指導を行っている“高橋 優樹(Yuki Takahashi)”と申します。
 
Facebookページtwitterを使っていて、過去の内容を見返す際に不便さを感じたのでブログを開設致しました。
 
内容としては主にお仕事や勉強をしていて思うことを書いていきたいと思っております。たまに自分の好きなアニメや声優さん等、一般的に言う“オタク”な話題も出るかもしれませんが、そこは優しく見守っていただけると幸いです(;^_^A
 
無理のない範囲で更新していくことができればと思っております。
今後もどうぞよろしくお願いいたします!