*Y.Tの気ままなブログ*

Y.T(鍼灸師/トレーナー/アームレスラー/オタク)の気ままブログ

トレーニングの原理・原則

「ひたすら重いものを挙げれば良い」
そう思われがちなトレーニングですが、実はそんな単純なものではなく、「原理原則」というものがちゃんとあります。

簡単に説明すると…
 

f:id:tbarm:20170314155815j:image

トレーニングの原理
1.オーバーロード(過負荷)の原理
⇒日常的に受ける負荷よりも高い負荷を掛けないと体力は向上しない

2.特異性の原理
⇒トレーニングの効果は、トレーニングをした部位や動作に効果があらわれる

3.可逆性の原理
⇒トレーニングの効果は、止めてしまうと徐々に失われてしまうので継続させること

4.適時性の原理
⇒成長過程(発育、発達)に応じた刺激を与えよう
 
f:id:tbarm:20170314092554j:image

トレーニングの原則
1.全面性の原則
⇒全身をバランスよくトレーニングしましょう!ということ

2.意識性の原則
⇒そのトレーニングを行う目的を理解すること

3.漸進性の原則
⇒筋力や体力の向上に合わせて徐々に負荷を上げていくこと

4.個別性の原則
⇒自分に合ったトレーニングをしましょう!ということ

5.反復性の原則
⇒トレーニングの効果を得るには継続的に行うことが大事だということ
 

トレーニングプログラムを考える際に上記の原理原則を無視してしまうと、せっかく時間をかけて作成したプログラムなのに効率が悪いor進歩が無い、最悪の場合怪我をしてしまう恐れがあります。
 

加圧トレ、体幹トレ、バランストレなど...世の中にはトレーニングと名のつくものがいっぱい溢れておりますが、それらが目標達成の為に本当に有効な手段なのか? 
原理原則を今一度見直してみるとよいかもしれませんね。

 
「自分では判断できない...」という方はどうぞ私にご相談ください💪
 

Facebookこちら
Twitterこちら
Facebookページに「いいね!」を押したり、Twitterをフォローしていただけると嬉しいです!